トップページ制作テスト

保険の種類

自動車の任意保険は大きく分けると、

  1. 「賠償保険」
  2. 「傷害保険」
  3. 「車両保険」
  4. 「その他特約」

この4種類の組み合わせで構成されています。

ほとんどの任意保険では賠償保険は加入が必須ですが
傷害保険、車両保険、その他の特約は
他の家族の自動車保険だけでなく、
医療保険や生命保険などと重複することもあります。

契約する車の年式や値段によっては、
補償金額に対して割高な保険料になるため
契約者自身で掛けるか外すか選べます。

補償内容を見直せば、無駄な出費を抑えられますよ。

記事を読む

保険の見直し

自動車保険の見直しは、

  1. 「今の保険会社で補償内容を見直す」
  2. 「保険会社そのものを切り替える」

大きく分ければこの2つです。

中には保険料を少しでも抑えるため
毎年保険会社を乗り換えて
一昔前の携帯電話の新規契約と同じように、
新規契約の割引金額の高さを毎年得ている人もいます。

保険会社の乗り換えは大変ですが、
契約更新でどうしても保険料が安くならないなら
他社に乗り換えるのも手ですね。

一方で、契約途中での保険の見直しも
取り組んでおいたほうがいいでしょう。
あまり意味のない保険や特約は
思い切って外してしまってよいです。
保険の見直し記事はこちら

損保の選び方

自動車保険を乗り換えるキッカケは、

  1. 「保険料が高くて満期後は他社にしたい」
  2. 「テレビCMで見て気になった」

という人が多いのではないでしょうか?

自動車保険の保険会社は、
代理店型・ダイレクト型をあわせると
数えきれないほど国内にはあります。

その中から自分にあった保険会社を選ぶのは
意外と大変です。

保険料が魅力に思えて乗り換えても
前の損保にあった補償が次の損保にない
というケースもあります。

そこで自分にあった
損保の選び方・探し方を
纏めてみましたので参考にしてみてください。

損保の選び方の記事を読む

保険料の決まり方

自動車保険の保険料は、
保険を使わなければ毎年下がると思っていたのに、
逆に保険料が上がっていたという経験ありませんか?

契約者さんの認識としては
「自動車保険=毎年保険料が下がる」
というものですが、

多くの損保で採用している
リスク細分型自動車保険では
「等級」だけでなく

  1. 「記名被保険者の年齢」
  2. 「免許証の色」
  3. 「ナンバープレートの地域や」
  4. 「型式別料率クラス」

など事故の可能性につながる要素に基づいて
保険料に反映しています。

保険料の決まり方を知っておくと
ある程度は仕方ない保険料のUPなのか
単純に値上げなのか見分けられますよ。

保険料の決まり方の記事を読む

任意保険に入れないケース

自動車保険は、

  1. 車検証
  2. オドメーター(積算走行距離)
  3. 記名被保険者の免許証
  4. 他社加入中の人は「他社の証券」

この4つがあれば、特別な審査もなく
早ければ翌日には補償開始となります。

ただし顔の見えないダイレクト型損保では
代理店型損保よりも契約可否は厳しく、
代理店型では契約できても
ダイレクト型損保では断られることも多いです。

車は納車されたのに保険加入できなくて
ディーラーからの帰り道は無保険・・・
なんて困りますよね。

自動車保険に契約できない理由は
契約したい車に問題があるか
契約者または記名被保険者に問題があるか
このどちらかです。

契約できない事例を読む